土地活用

引き継いだその不動産どうしますか?

相続はある日突然やってきます。

親から、配偶者から、不動産を相続したけれど、これからどうしていけばいいのかと思案される方も少なくないと思います。

特に相続前に不動産の管理に携わることがなかった方は、まずはどこから手をつけたらいいのか途方に暮れてしまうかもしれません。

こちらの円グラフは、資産継承後3年の動きです。相続や贈与により、資産継承された半数近くの方が売却・新築・建替・リフォームなど、何らかの資産再活用を実施されています。

一番多い「そのまま」の52%の選択についても内容は人それぞれのようですが、いずれにしても資産継承後は、改めて資産の価値を見極め、何かしらの活用を模索していると言えます。

こんなお悩みありませんか?

  • 家族のために自宅用地として購入したが、そのまま残っている
  • 所有している土地で何をして良いか分からない
  • 土地を売却したいがなかなか売れずに残っている
  • 農地を所有しているが、農業を続ける事が難しい、後継者がいない、固定資産税、将来の相続税に不安を抱えている
  • 土地を相続したが、どう活用して良いか分からない

土地の可能性を引き出していこう

もちろん一番大切なことは、その選択によって家族が幸せになれるかどうかです。
そして、家族の事情や要望は家ごとで違います。

すぐに現金化する事が必要な場合もあれば、反対に活用による収入で学資や老後資金を賄いながら、長い目で安定収入を得ることが適している場合もあるでしょう。

あるいは将来にわたってその土地を守っていくために節税対策が必要な場合もあるかもしれません。

相続した不動産を前に、焦って活用方法を決めるのではなく、まずはじっくりと家族の状況を考えながら、検討することが大切です。

大切な「家族会議」の前に、まずは知っておいていただきたい大切なポイントが3つあります。

土地活用に大切な3つのポイント

point01土地の現状を正確に把握する

  • 正確な所在住所(隣地との境界はきちんとあるか?)
  • 面積(登記簿謄本と同じとは限りません)
  • 地目と現在利用状況
  • 権利関係(所有権以外に発生している権利はないか?)
  • 区や隣地所有者との関係など
  • 貸家・テナントの場合は入居者との関係(契約書・家賃滞納の有無など)

まずは、相続した土地の現状把握をすることが大切です。
太昭組では無料で「市場環境調査」を作成いたします。

point02土地の保有コストを試算する

現状把握をした後は、その土地の保有コストを考えてみましょう。
その土地が稼いでいる収益と保有コストを突き合わせて、バランスが取れているか検討していきます。

土地を保有するための主な税金
  • 固定資産税
  • 都市計画税
  • 相続税
  • 所得税
軽減税率の違い(土地の上にある建物の種類によって税金が変化します)
賃貸住宅(賃貸マンション・アパート・戸建住宅など)
不動産取得税 一世帯40㎡以上の賃貸住宅は節税効果があります
固定資産税
  • 土地:住宅用地は節税効果があります
  • 建物:一世帯40㎡以上の賃貸住宅は節税効果があります
都市計画税 土地:住宅用地は節税効果があります
所得税 色々な経費が計上できるので節税効果があります
相続税 土地や建物の相続税評価額が下がるので節税効果があります
テナントビル・店舗・事務所
不動産取得税 × 事業用の建物は節税効果がありません
固定資産税 × 土地も建物も事業用なので節税効果がありません
都市計画税 × 土地も建物も事業用なので節税効果がありません
所得税 色々な経費が計上できるので節税効果があります
相続税 土地や建物の相続税評価額が下がるので節税効果があります
賃地(店舗・事務所・テナントビル・貸金庫など)
固定資産税 × 事業用に使われている土地は節税効果がありません
都市計画税 × 事業用に使われている土地は節税効果がありません
所得税 土地を貸しているだけでは計上できる経費が少ないので節税効果は少なくなります
相続税 貸している土地は相続税評価額が下がるので節税効果があります
駐車場
固定資産税 × 事業用に使われている土地は節税効果がありません
都市計画税 × 事業用に使われている土地は節税効果がありません
所得税 計上できる経費がほとんどないので節税効果はありません
相続税 駐車場は相続税評価額が下がらないので節税効果はありません

太昭組では無料で「土地活用税金シミュレーション」を作成いたします。

point03活用方法を検討する

ここまで把握したところで、いよいよ具体的な活用方法の検討です。
それぞれ特徴や収益性も違い、リスクの内容も異なります。
また、それぞれの活用方法には、土地の市場性・敷地環境により「向き・不向き」がありますので、それらを見極めたうえで最適な活用方法を選択することが大切です。

  • 売却
  • その他の活用方法:駐車場、賃貸アパート・マンション、テナントビル
    (建て貸し・土地貸し)

太昭組では無料で「売却査定」を行います。

太昭組が提案する土地活用

大切なポイントを押さえたところで、具体的な土地の活用方法を見ていきましょう。
「売る・貸す・建てる」という方法を太昭組はご提案いたしいます。

広島、山口で創る太昭組の注文住宅。特設サイトはこちら